.

季節の変わり目などには、結構肌荒れを起す方ですが、乾燥している日はもっと肌荒れをします。ライザップ 千葉

幾ら保湿をしても、すぐに肌が乾き、乾いたところにシワが重なり、みるも耐えない顔になってしまうのです。ライザップ 池袋

本当に肌荒れ注意報です。

そうならないためにも、常に保湿ができるミストなどを用意しています。

ようやく保湿はできるので、ホッとしたのもつかの間、すぐに肌荒れになってしまいます。

頬と顎のラインがカサカサの粉を吹いたようになり、保湿のためのローションを塗ってもしみるようになってしまいます。

この肌荒れは、単なる乾燥から来るものではなさそうな気もするのですが、原因は分かりません。

しかし、湿度の多い初夏から残暑あたりまでは、肌荒れにはなった事がないんです。

という事は、やはり湿度が関係しているのかなと思いました。

また、夏などは汗をかくので肌の代謝がいいのかなと、思うこともあります。

考えてみると、乾燥している特に冬の時期は、全くと言って汗をかきません。

それが原因でしょうか。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.hsenchii-int.com All Rights Reserved.